iPhone 6のバッテリーが流出、容量微増?

 Apple製品のリーク情報に通じたフランスのブログNowhereelseは、iPhone 6のバッテリーパックをリークしました。

iphone-6-battery

 よく見ると1810mAhとの記述があります。iPhone 5sのバッテリー容量は1560mAhですから、 もしこのリークが真実であるとすれば、バッテリー容量は微増することになります。

 このような情報は、4.7インチ版iPhone 6は1800mAh〜1900mAhのバッテリーを搭載すると中国メディア「捜狐(sohu.com)」が伝えたものと一致します。

 次期iPhone 6は4.7インチ・5.5インチの2種類へと大型化・薄型化することが予想されており、はたして1810mAhで足りるかどうかはまだ未知数です。スマートフォンのバッテリー消耗の大きな要因はディスプレイであり、高精細・大型のディスプレイを搭載すれば、当然早く電池が切れることになります。競合他社のフラッグシップ級のスマートフォンは、GALAXY S5(5.1インチ)が2800mAh、Xperia Z2(5.2インチ)が3200mAhのバッテリーを搭載しています。

 ただしAndroid陣営と異なり、Appleはハードウェア及びソフトウェアの開発を一貫して行っており、省電力化への工夫を盛り込みやすい立場。早ければ今年9月に登場する製品版実機を、楽しみに待ちたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus