総務省、訪日客のスマホは「技適」不要に――電波法改正案

soumu

 いわゆる「技適」の問題に、新しい動きです。

 総務省は、日本の技術適合認証を取得していない適法でない端末について、訪日客が一時的に持ち込む場合には利用を認める電波法の改正案を、2015年の通常国会に提出する見通しであることを日本経済新聞が報じました。

 これまでにも国際ローミングは適法とされてきましたが、国内現地で契約したSIMカードを利用すると電波法に抵触します。しかし現実として未認証端末は多く利用されており、訪日客向けにSIMカードを販売するMVNOのビジネスが、違法行為の助長となりかねません。しかしスマホ程度の未認証端末が電波障害を起こすことはほぼ皆無であり、今回の改正案提出の運びとなる模様です。

 どの程度の持ち込み期間ならば「一時的」と解されるのか、気にはなるところ。

 2020年には東京五輪を控えており、未認証のスマートフォンを外国人が使っていたらそれは違法無線局である、というのもお恥ずかしい状況でしたが、これが適正化されるのは五輪を成功させる上でも歓迎したいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus