新型「Apple TV」のリリースはまだまだ先?——The Information

appletv

 しばしば海外のリーク情報の発信源となっている「The Information」は、Appleのセットトップボックス「Apple TV」の最新モデルについて、2015年までのリリースは期待できないと伝えました。同紙はこれまでAndroid SilverプログラムやGoogleと通信事業者買収の動きなど、大手ITメーカーの関係者から入手したと思われる情報を元に数々の記事を公開してきました。今回の記事では、情報源はプロジェクトに従事するApple社員とされています。

 次期モデルでは、コンテンツの充実度が重視されており、コムキャストとタイムワーナーケーブルといったケーブル会社の合併が保留となっていることも、発売が遅れる理由として挙げられています。ただし業界のパートナーはそうした理由よりも、やはりAppleの開発ペースの遅延が発売の遅れを招いているものとみなしているようです。9to5macなども、Apple TVの開発が遅れていると伝えており、そうした情報との整合性のとれている情報です。

スクリーンショット 2014-06-26 02.30.32

 ChromecastやAndroid TVが姿を見せる中、早期の新型Apple TVの登場が望まれるものの、そうした状況であるからこそ、もはやテレビをインターネットに繋ぐセットトップボックスが「趣味」では済まされなくなった今、中途半端な製品を出すわけにはいかないという思惑があるのではないかと思います。Appleが満を持してリリースするであろう、まだ見ぬ新生Apple TVの登場に期待したいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus