XPERIA Z3 CompactがNTTドコモに投入?Z3はauでも

sony-smartphone-xperia

 次期「Z3世代」のXPERIAの情報がいくつかあがっています。

 認証機関を定点観測している国内ブログ「blog of mobile」によると、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社はNTT docomo向けに「PM-0813-BV」を、KDDI向けに「PM-0803-BV」の技術適合認証を通過させました。グローバル準拠のモデルが、国内事業者に秋冬モデルとして投入されることが予想されます。

 NTT docomo向けにはXPERIA Z3になると思われる「PM-0802-BV」があり、今回認証を通過したPM-0813-BVは4インチ台の比較的小型なモデル「XPERIA Z3 Compact」に該当する可能性が高いものと思われます。

 xda-developersの有名開発者DooMLoRD氏は、以前からZ3 / Z3 Compactに関する情報を継続的にツイートしており、最新のツイートではZ3 Compactの大画面化を示唆。しかしベゼルレスデザインにより、筐体サイズはXPERIA Z1 Compact(Z1f / A2)と変わらないとのこと。

  既報通り、中国Digi-woではZ3 / Z3 Compactとされるフロントパネルがリークされています。少なくともDooMLoRD氏などの情報とは一致するものです。

Xperia-Z3-Compact1

(Digi-woにリークされたZ3 / Z3 Compactの前面パネル)

 同じくblog of mobileはKDDI向けのPM-0803-BVがau版のXPERIA Z3に該当すると伝えています。

 KDDIは、GALAXY Note 3とXPERIA Z1といった魅力的なグローバル準拠のモデルを2013年冬モデルとして投入していますが、一方で2014年夏モデルではXPERIA Z2は取り扱わず、普及モデルXPERIA ZL2を投入していました。2014年冬モデルにXPERIA Z3がSOL26として登場するのであれば、非常に期待の持てるところです。半年間隔でのフラッグシップ投入サイクルは早いので、KDDIは緩急を付ける作戦なのかもしれませんね。

 個人的にはXPERIA Z3 Compactに期待したいところ。ネーミングに関しては、XPERIA C1系統は、C2を飛ばしてXPERIA C3として登場したように、Compact系統もZ2は飛ばし、おそらくZ3 Compactになるのではと推測しています。また、NTT docomo向けにはZ1f、A2といった名称を踏襲し、別の名称が付与される可能性も高そうです。

 2014年9月にはIFA2014が控えており、XPERIA Z3やZ3 Compactはもちろん、GALAXY Note 4やGALAXY Fといった機種の登場も囁かれており、楽しみなところです。

Xperia Z3 / Z3 Compactの最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus