「iPad Air 2」は実行用2GBメモリ搭載か シリーズ最大

ipad-air-ipad-mini1

 台湾メディア科技新報(TechNews)が伝えたところによれば、Appleが開発中のiPad Air 2は、2GB実行用メモリを搭載するそうです。これは今までのiPad史上最も大きなメモリとなります。

  初代iPad(2010)と比べると随分大容量のメモリが必要になりましたね。

  iPad 初代 2/mini 3/4/Air/mini2
メモリ 256MB 512MB 1GB
  iPad mini3 iPad Air2
メモリ 1GB 2GB

 iPad Air 2は、最新のiPad mini 3(mini Retina 2)に比べても、倍のメモリを搭載することになります。このような背景には、iOSで新たに検討されている画面分割によるマルチタスクへの対応があると推測されています。リッチなアプリを快適に同時並行で動作・表示させるとなれば、大容量の実行用メモリが必要になるのは当然の流れでしょう。

os-experience-620x465

 逆算すれば、iPad mini3は画面分割のマルチタスクには対応しないのでしょうか?大画面モデルのみ対応するとの情報もありました。

 iPad Air 2は早ければ9月にも、iPad mini 3は10月以降に、発売されると伝えられています

この記事にコメントする

comments powered by Disqus