4.7インチ版iPhone 6のバッテリー容量は2100mAh?

 

iphone-6-4.7-5.5

 中国マイクロブログWeibo(微博)への投稿によると、4.7インチ版iPhone 6は容量2100mAhのバッテリーを搭載するそうです。

 これまでの4.7インチ版iPhone 6に関するリークでは、中国メディア「捜狐(sohu.com)」は、1800mAh~1900mAhを、フランスのブログ「NoWheleElse」は1810mAhのバッテリーを搭載すると伝えており、200mAh~300mAh程度の誤差はありますが、いずれのリークも概ね一致を見せています。

 スマートフォンのバッテリー消耗の大きな要因は、ずばりディスプレイです。搭載しているディスプレイが高精細・大型であればあるほど、電池消耗は加速し、早く電池が切れます。市場は高精細で大型なディスプレイを求めていますが、必ずしもメリットばかりではありません。

 現在、競合他社の主力機種は、もっと大きなバッテリーを搭載しています。例えば、GALAXY S5(5.1インチ FHD)が2800mAh、Xperia Z2(5.2インチ FHD)が3200mAhのバッテリーを搭載しています。

 しかしAppleはOSからハードまで垂直統合で開発しており、バッテリー消耗を抑制するには優位なはずです。ただしiOSは進化するごとに機能も増え、当然バッテリー消耗も激しくなっており、Appleがこのあたりのバランス感覚をiPhone 6でも維持できるかどうかは、ユーザーが注視すべき点であると感じます。

 海外メディアが報じるところによれば、iPhone 6は9月9日発売とみられ、1ヶ月後に迫っていることになります。ぜひ、実使用において重要な電池持ちにもフォーカスしつつ、発表会を楽しみに待ちたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus