iPhone 6ではプレミアムモデルのみサファイヤガラスを搭載か

iphone-6-4.7inch

 海外メディア「THE WALL STREET JOURNAL」によると、 Appleは2種のiPhone 6で、材料を調達さえできればサファイヤガラスを搭載したプレミアムモデルを出すと報じています。

 サファイヤガラスをディスプレイに用いるのはコストが高く、難しいため、搭載見送りや一部モデルに限定されるといった見方が強まっています。

 そのため、以前より調査会社NPD Display SearchのシニアアナリストであるBrian Huh氏や、Apple関連の予測でお馴染みのKGI証券のMing-Chi Kuo氏は、64GBモデルにのみサファイヤディスプレイを搭載すると主張していました。情報元におけるプレミアムモデルというのは明確ではありませんが、つまるところ彼らの予測を追認する報道と見ることもできます。

 また、台湾経済紙は5.5インチモデルのみサファイアディスプレイを搭載するとも報じていました。

 Appleは腕時計型端末「iWatch」にもサファイアガラスを採用するため、GT Advanced Technologiesと共同で建設した工場を今月から稼働させるとのこと。なお、iWatchの登場は年末となり、もしかすると 5.5インチ版iPhone 6と同時に登場するかもしれないと伝えられています

この記事にコメントする

comments powered by Disqus