iPhone 6の筐体:金属のアップルロゴ、出っ張ったカメラ

iphone_6_shell_parts

 スマートフォンのラグジュアリー化カスタムなどを請け負っている「Feld & Volk」が、4.7インチ版iPhone 6のパーツをリークしました。側面部分の一体化された、ラウンドフォルムのリアパネルが特徴的です。

iphone_6_recessed_volume

 Appleロゴ部分は繰り抜かれており、ここには傷のつきにくい金属のAppleロゴが入るそうです。MacRumorsいわく、このようなロゴは2007年のiPhone 2G以来だそうです。

iphone_6_embedded_logo

 カメラ部分の穴は6.66mmで、リークされていたiSightカメラがぴったりはまるそうです。iPod Touchのようにやや出っ張っていますね。

iphone_6_camera_ring

 金属の背面を採用していたiPhone 2Gや、丸みを帯びていたiPod Touchのデザインは個人的にも好きでした。大型化という新しい分野にチャレンジする分、Apple製品に慣れたユーザーを手放さないよう、Appleなりの原点回帰なのかもしれません。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus