国内メーカー、お盆休み返上で工場フル稼働 原因はiPhone 6の部品生産か

 Appleの次期スマートフォン「iPhone 6」の生産にあたって、国内メーカーはお盆休みを返上して液晶パネルや半導体を生産しているとSankeiBizが報じました。

iphone_6_camera_ring

(feldvolk.com)

 9月に発表される見通しのiPhone 6の部品発注数が、昨年のiPhone 5s/c比で3~4割程度多いとのこと。

 iPhone 6の4.7インチ・5.5インチ液晶は、JDIとSHARPが受注したそうで、JDIは千葉の茂原工場と石川県の能美工場が専用ラインをお盆休みも稼働し、シャープも亀山工場を休日返上で9割稼働。他にも、東芝はフラッシュメモリーを、SONYはカメラのCMOSセンサーを8月中の休日を返上し、生産するそうです。

 Appleは少ない種類のモデルを世界中で販売するため、部品生産は必然的に大量発注となります。部品メーカーにとってはまさに嬉しい悲鳴といったところ。9月の発表が楽しみなところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus