フォックスコンの工場、iPhone 6が量産開始直前との情報

iphone-5s-6

 中国のマイクロブログ「Weibo」にリークされた情報によると、iPhone 6の大量生産が間近に迫っているようです。

 台湾Foxconn(鴻海精密工業)の生産拠点・鄭州工場で、iPhone 6の生産がPVTの段階にあるとのこと。これは大量生産直前の最終段階を示しています。情報源を信じるならば、ここでの歩留まり率は90%であるそうです。

 Foxconnは、世界最大手のEMSを請け負う老舗です。これまでもAppleのiPhone生産を行ってきました。

 サプライチェーン筋に通じたEMS Oneが、現地メディア「中国新聞社」の報道を元に、先月、Foxconnが鄭州工場にiPhone 6を生産するための設備を導入したことを中国河南省の商務庁長が明らかにし、さらに鄭州工場が10万人の従業員を募集していることを伝えており、この工場でiPhone 6の生産が行われることは確実視されています。

 AppleのiPhone 6は、9月9日に発表される見通しであり、それに間に合うように大量生産が行われることになります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus