「iPhone 6」はやはり2種類 タイ認証機関より

iphone6

 AppleのiPhone 6と思しき機種が、タイの電気通信委員会(NBTC)の認証を通過しました。

 iPhone 6のリークが相次いでいますが、実際に流出している部品の多くが4.7インチ相当の機種のもの。それと比べれば5.5インチ関連の部品のリークは乏しいものとなっています。

 しかし今回、モデルA1586 / A1524の2種類が、信頼のおける公的認証機関を通過したことで、これまで有力視されてきたiPhone 6の2モデル展開が、より確実になったと言えます。NBTCは、電波を発する機器を認証するタイの公的機関であり、日本における技術適合認証に相当します。タイの国営放送とNBTCの事務局長を務めるTakorn Tantasith氏も、iPhone 6の通過についてツイートしています。

 なお、iPhone 5sは、タイの認証機関で9月16日に通過し、タイ国内で10月25日に発売しています。認証通過から発売までのブランクは1ヶ月程度。つまりこの法則に従えば、iPhone 6は9月中に発売されることになりそうです。

 5.5インチ版iPhone 6は遅れるとの観測がある一方、4.7インチ版は9月中に販売されるとの見方が強まっています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus