次期iPadが量産開始。「iPad Air 2」は反射防止?

ipad-air-ipad-mini1

 海外メディアBloombergが、Appleのサプライチェーン筋を情報源に報じたところによれば、Appleは「iPad Air 2」と「iPad mini 3」を量産開始しました。iPad Air 2のディスプレイは9.7インチ、iPad mini 3のディスプレイは7.9インチとのこと。

 iPad Air 2の発売は今四半期とされており、9月登場の可能性が高そうです。一方、iPad mini 3は来四半期初めとされており、10月以降の発売が想定されます。

 さらにiPad Air 2のディスプレイは、アンチグレア(反射防止)になるとのこと。ただし生産は容易ではなく出荷数が限定される可能性が伝えられています。

 アンチグレアは、グレア(光沢)に比べると映り込みがないため、目が疲れないので長時間使いやすいものの、写真や映像の観賞には不利と考えられています。

  Appleは9月9日にスペシャルイベントを行い、iPhone 6をお披露目する見通し。iPad Air 2などもここで発表となるのでしょうか。期待したいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus