アップル、満を持して――「iWatch」は9月9日発表か

iwatch-montre-connectee-apple-concept-6

 Apple製品のリーク情報に精通した海外ブログ「9to5Mac」によれば、ごく最近、Appleは一部の限定された開発者に向けて、腕時計型端末「iWatch」用のSDKを先行配布したそうです。

 iWatchのOSは、iOSベースとなり、サードパーティ製アプリ用のストアも設けられるとのこと。iOSの開発者をそのまま誘引できるメリットもありそうです。

 Googleは先行して、Androidベースの「Android Wear」をリリースしており、各メーカーはこれを搭載した腕時計型端末を多数リリースしており、Appleがこれを迎え撃つ形となります。

 さらにファッション業界人、たとえばメディア関係者やブロガーなどを、9月9日の発表会に招待するとのこと。これは9to5Mac以外の媒体、たとえばロイター通信も報じており、確度の高い情報となります。iWatchはただのデジタルガジェットを好きなユーザーにとどまらない、より幅広い層を狙っているということなのでしょうね。他の報道では、Appleのジョナサン・アイブ氏が、iWatchが時計然としすぎているからか、有名時計メーカーの多いスイスに、迷惑をかけるかもしれないと発言したことが、関係者から伝聞をもとに伝えられています。

 これらの各情報では、発売が2015年になる可能性について触れられています。ただ発表を9月9日に行いつつも、2015年まで、一般への販売のブランクが有るとすれば、アプリが出揃ってから一般販売が行われる公算となり、製品への評価は高まるのではと思います。

 Appleは、iPhone 6に加え、iWatchについても9月9日に発表する可能性が高まっています。期待して発表を待ちたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus