HTC Nexus 9の存在が、チップメーカーの公式文書から露呈

Nvidia-Logo

 HTCが製造するGoogleのリファレンスモデルNexus 9の存在が、チップセットメーカーNVIDIAの公式文書から明らかになりました。

 NVIDIAの公式サイトに掲載された、SamsungとQualcommによる特許訴訟に関する資料によれば、HTC製造のNexus 9がNVIDIA Tegra K1を搭載し、2014年第3四半期に発売される可能性が高いようです。あくまでもNexus 9向けにSoCを出荷しているに過ぎず、発売時期に関しては正確ではないものと考えられます。なお、問題の文書の当該部分は削除済み。

 HTCがNexus 9(開発コードネームFlounder / Volantis)を開発しているとの噂は、以前より海外のテック系ブログが伝えていました。それによれば解像度2048×1440の8.9インチディスプレイを持ち、プロセッサは64bit版のNvidia K1を搭載し、一体型のアルミニウムボディ、正面にステレオスピーカーを搭載するとされています。

nexusae0_wm_Volantis_thumb

 HTCが製造するNexusデバイスは、初代となるNexus One以来であり、実に4年ぶり。Nexus 10のような大型タブレット端末を更新する意味でも注目に値します。

 また、IFA2014ではLenovoHTCが64bit対応SoCを搭載したAndroidデバイスを発表しており、そうした流れを汲む事にもなりそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus