キャリア版iPhoneのnanoSIMを、SIMフリー版iPhone 6 / 6 Plusに挿してみた

DSC05825_R

 本日購入したSIMフリー版のiPhone 6 / 6 Plusに、キャリア版iPhoneのSIMカードを挿してみました。それぞれiPhone用にLTEを契約しているnanoSIMカードとなります。

 付属のSIMピンを用い、iPhone 5sからiPhone 6 / 6 PlusへとnanoSIMカードを差し替えます。

DSC05820_R

 SIMを挿して電源を起動し、初期設定。アンテナピクトがNo SIMからSearching(検索中)に。

DSC05821

 カードの接触や契約内容に問題がないと、3G/4G表記が。

DSC05822_R

 KDDIもSoftBankも問題なく接続が可能でした。NTT docomoの5sで使えていたnanoSIMカードでも同様の結果が期待できそうです。

2014-09-19-09.27

 LTE接続も、テザリング(インターネット共有)も問題なく利用可能です。

ip6-plus-tethering-sim-free

 APN関係で特に複雑な設定なども不要でしたが、詳細なAPN設定の項目を確認できませんでした。

 また、各移動体通信事業者(携帯キャリア)はこうした利用方法について、仕組み上可能であると言うことはあるものの、3社とも保証対象外の行為としており、正常利用に支障がある、または想定外の課金がなされるといった可能性をはらんでいるため、いずれも自己責任のもとで行う必要がある点には、十分な留意が必要です。

 この記事における通信が行えたという結果も、あくまで記事が執筆された現時点でのものであり、さらにこの行為によって想定外の通信料が課金されたかどうかもまだ検証しきれていないという点にも、注意して下さい。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus