XPERIA Z3、北米3キャリアから登場か?

xperia-z3-gallery-02-1240x840-7f9c3efd66f82c2cb3dedaa4213fa923

 海外メディア「PCMag」は信頼のおけるリーカーからの独占情報として、北米の移動体通信事業者「Verizon Wireless(ベライゾン・ワイヤレス)」より、「Xperia Z3v」が投入されると伝えました。IFA2014で発表されたXperia Z3の、Verizon供給モデルとなる見込みです。

 Sony Ericsson時代のキワモノ機種「Xperia Play」が、Verizonから投入されたことはありましたが、それ以来Xperiaが投入されることはなかったため、PCMagのリークが事実であるとすれば、Xperiaは3年ぶりのVerizon復帰となります。

verizon-xperia-play

 Xperia Playはあくまで、ただ単にボタンを取って付けたようなAndroid端末に過ぎませんでしたが、一方でXPERIA Z3は、DUALSHOCKを接続してPS4のリモートプレイが可能な本格派であり、当時のXperiaとは性能も意気込みも異なります。Verizon復帰には最高の機種と言えるでしょう。

xperia-z3-dualshock-play-ps4

 これまでXperiaシリーズは、北米では基本的にT-Mobileの1社からのみ提供されており、爆発的に売れることはありませんでした。

 しかし既報通り、ロイター通信等がSoftBankおよび米SprintへのXperia投入を伝えており、この報道が事実であれば、北米市場では、昨日XPERIA Z3投入が記者会見で表明されたT-Mobileに加え、Verizon、Sprintを加えた、計3社がXperiaを取り扱うことになります。

sony-smartphone-xperia-american-carrier-logos-verizon-sprint-t-mobile

 日本でもNTT docomo、SoftBank、KDDIの3社がXperia Z3を取り扱う見通しであることから、Sonyは日米市場で優位な立場となります。

 XperiaのライバルのひとつはAppleですが、Appleもまたプレミアム路線で、日米市場を牙城としており、Sonyはここで直接対決を挑む形となります。大いに期待したいところです。

XPERIA Z3の最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus