iPhone 6sには「4インチ」が復活し、3モデル展開に?海外報道

apple

 台湾の経済紙「Digitimes」は、サプライチェーン筋を情報源として、Appleが2015年後半に4インチのiPhoneを投入すると報じました。

 現在、Appleは4.7インチのiPhone 6と、5.5インチのiPhone 6 Plusの2種類のモデルを展開中。今回の報道が正しいとすれば、2015年後半の登場が見込まれる「iPhone 6s」は、3種類のラインナップを持つ可能性があります。

iphone_screen_sizes

 日本と異なり、海外ではiPhone 5cが依然として販売されているのですが、iPhone 5cは2015年に生産停止すると伝えられており、4インチのラインナップの不足が想定されます。

 情報源は、女性にも訴求しやすい片手操作の観点から、4インチのラインナップを復活させると報じています。確かに4.7インチのiPhone 6での片手操作は、誰もが容易に、というわけでは無くなりました。

 日本では依然としてXperia Z3 Compactなどの4インチ台のスマートフォンや、小型の携帯電話が根強く支持されており、事実であるとすれば日本市場でも歓迎されるのではないかと考えられます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus