ベンチマークよりGALAXY S6のスペックが判明。5.5インチWQHD、64bitオクタコア搭載

Samsung-Galaxy-S-series-logo

 中国のニュースサイト「中国手机」は、AnTuTuベンチマークの計測結果の中に、SAMSUNGの次期フラッグシップモデルGALAXY S6のものと思われる、SM-G925Fを発見しました。

1163075

 それによれば、GALAXY S6は5.5インチWQHD(2560×1440)解像度のディスプレイ、64bit対応Exynos 7420オクタコア、実行用3GBメモリ、32GBのストレージ、500万画素のフロントカメラ、2000万画素のメインカメラを搭載し、ソフトウェアにはAndroid 5.0 Lolipopを採用している模様です。

 GALAXY S5に感じられた「出し惜しみ」はなく、GALAXYシリーズらしい高スペックぶりが伺えます。これらのスペックは、以前SamMobileがSAMSUNG内部筋から入手したと思われる情報と、その多くが一致を見せており、信憑性が高いのではと思われます。

 SamMobileの情報では、GALAXY S6の開発コードネームは「Project ZERO」となり、デザインの刷新が図られると伝えられています。また、海外メディアはGALAXY S6にエッジディスプレイ採用モデルが用意されると報じており、GALAXY Note Edgeのようなモデルが増える可能性があります。新たなGALAXYのデザインに期待しておきたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus