車に直接Android搭載 ロイター報道

Android-Auto-Google-Maps-001

 英Reutersは、計画をよく知る2人の人物を情報源とする、独占記事として、GoogleのAndroidが自動車に直接搭載されると報じました。

 これまで進められてきたモバイル向けOSの自動車への活用、つまりAppleのCarPlay、GoogleのAndroid Autoは、あくまでスマートフォンを自動車の車載情報システムに接続するものにとどまっており、スマートフォンの存在が不可欠でした。

 しかしReutersの報じるところによれば、Android Autoを自動車に搭載することが計画されているようです。この計画が実現すれば、スマートフォンをいちいち自動車に接続せず、Android Autoの機能の全てを自動車のみで利用することができます。

 自動車にAndroidを搭載する場合、車のカメラ、センサー、GPS、燃料計などの部品の情報にアクセスできることが想定されます。それらの情報をもとに動作するアプリケーションが登場することも考えられます。

 これらはAndroid Lに続く、Android Mとして計画されているようです。

 ただし情報源、自動車メーカーは安全性の観点から、Googleに車の主要なコンポーネントへのアクセスを警戒し、消極的になる可能性も指摘しています。これまで伝えられていたAndroid Autoよりも、自動車と密接したものが計画されているようではあるものの、自動車メーカー側の動向も中止していく必要性がありそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus