Note Edgeに対抗、LGがダブルアーク形状のスマホ試作機公開

vs01-07_1748cxs-1.0

 THE VERGEが伝えたところによると、LG Displayは、CES2015においてダブルアーク形状のスマートフォンを公開しました。

 ディスプレイには有機EL方式の「6-inch Active Bending OLED display」を搭載。ちょうどSamsungのGALAXY Note Edgeのエッジディスプレイを両端に配置したような形となっています。展示はLG Displayですが、UIはLGのスマートフォンと同様のため、協力して作り上げたのでしょう。

 ただし解像度はHDとなっている(Note EdgeはWQHD)ほか、製品化に関する詳細は不明となっています。

 このタイプのスマートフォンは、本家のSamsungや、中国Xiaomiも開発中と伝えられており、どのメーカーが最初に実製品を出せるのか注目ではあります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus