GALAXY S6 Edgeの実機写真が流出。プレス画像も大量リーク。

続報:サムスン、GALAXY S6/Edgeを正式発表。デザイン刷新、急速/ワイヤレス充電・モバイル決済対応、WQHD有機EL・自社製64bitオクタコアプロセッサ搭載。

 明後日には発表されているであろうSAMSUNGの次期フラッグシップモデルGALAXY S6 Edgeの画像が大量にリークされています。

S6-EDGE_31

 韓国メディアCNET Koreaは、GALAXY S6 Edgeのプレス画像を多数掲載しました。画面両端が曲面のエッジディスプレイに。

 背面を斜めから見ると、アーク形状にも見えるところはセクシーさを感じます。

S6-EDGE_21

 厚みは8mm程度とのこと。電池交換できない一体型設計となっており、バッテリー交換はままならないようです。同じくCNETの記事では、microSDスロットも搭載しないとのこと。さらにカメラの高画素化により仕方ないとはいえ、カメラも出っ張っています。イヤホンジャックとスピーカーはiPhoneのように端末下部に。

S6-EDGE_61

 iPhoneの後追いをするために、バッテリー交換可・ストレージ拡張可といったGALAXYの美点を捨てた上で、iPhoneの欠点である出っ張りカメラまで模倣してしまう形となり、このあたりは正直に申し上げて、残念としか言いようがありません。32GB/64GB/128GBの内蔵ストレージのモデルがそれぞれ用意されるとの噂もありましたが、そうなるのでしょうか? 

 前面上部にはIR、照度、前面カメラといった4つのセンサーの存在が確認できます。また、指紋認証センサー内蔵のホームボタンは大きくなっており、認識精度の向上も予想されます。

 さらにBGRは、xda-developersに掲載された流出画像を伝えました。やはりMWC2015で発表されるのは、通常モデル(GALAXY S6)と、両端エッジディスプレイのモデル(GALAXY S6 Edge)の、2機種展開となることが確実と言えそうです。

 GALAXY S6およびS6 Edgeは、現地時間3月1日、スペインバルセロナで発表される見込みです。

GALAXY S6 / S6 Edgeの最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus