サムスン、薄さ5mmのGALAXY Tab S2でiPadに勝負?

SM-T800NTSABTU-353218-0

 韓国メディアに情報筋が述べたところによれば、Samsungの次期旗艦タブレット端末GALAXY Tab S2は、薄さ5mm台になるそうです。

 これは薄さ6.6mmの初代GALAXY Tab Sから進化しているだけでなく、6.1mmの薄さで先行するApple社製iPad Air 2よりも、薄いことになります。

 さらに筐体にはメタルフレームを採用し、プレミアム製品として売り出していく模様です。

 Galaxy Tab Sは、2014年夏モデル(日本キャリア版は冬)のハイエンドタブレットです。自分も愛用していますが、性能も使い勝手も申し分ないので、後継機が楽しみなところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus