iPhone 6sのカメラも800万画素か?

materials_medium-1024x620

 台湾メディア「Taipei Times」が伝えたところによると、台湾Yuanta SecuritiesのアナリストJeff Pu氏は、Appleにもレンズを供給しているメーカーLargan Precisionの業績について触れ、その中で、次期iPhoneに引き続き800万画素カメラを搭載すると予想しました。

 Apple社はiPhoneのカメラを”iSight”と呼称していますが、iPhone 4S以降、長らくSONY製の裏面照射型CMOSセンサーを採用し続けています。

 市場の多くのスマートフォンのカメラ画素数はそこまで増えていません。画素数が増えるほど相応のサイズのセンサーも必要になってきます。800万画素でもバランスのよい画が撮れているので、性急に増やす必要もないとの判断でしょうし、懸命だと思います。

 AppleはiPhone 6sを早ければ今年の9月にも投入するとみられています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus