サムスン、Galaxy S6で無駄なプリインアプリを大幅減+削除可能に

Galaxy_S6_edge_SideBottom_Gold_Platinum_Art_Photo_R

 Samsungは、これまでのGalaxyシリーズで数多くの自社サービス・プリインストールアプリを盛り込んできました。Galaxy S5ではスペックを追わず、心拍計やウェアラブル機器との連携サービスなどの追加にとどまりました。

 しかしその結果、Galaxy S5はあまり高評価を得られず、Samsungは軌道修正、Galaxy S6 / S6 edgeはスペック・デザイン・基本的な使い勝手と言った点にフォーカスしており、プリインストール(最初から入っている)アプリを40%減にしました。

 XDA Developersによると、やはりSamsungの言うとおりプリインストールアプリは大幅に削減されているとのこと。プリインストールされたMicrosoftのOneDrive、OneNote、Skypeはフォルダ内に。

S6_bloatware GalaxyS6_bloatware

 さらにこれらのささやかなアプリでさえ、削除できる模様です。心拍数を計測して健康を管理できるS Health、音声アシスタントS Voice、YouTube、Play Store、さらには電卓に至るまで、不要であれば削除できるようです。

 こうした試みがユーザーにはどのように評価されるのか、楽しみなところです。日本だと、キャリアがプリインストールアプリをてんこ盛りにするからあまり関係ないかもしれませんが。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus