どっちかな?au向けGalaxy S6またはS6 edgeとなるSCV31が認証通過

Galaxy_S6_edge_Black_Sapphire_Art_Photo_R

 FCC認証および総務省の技術適合認証を、KDDI向けのSamsung製端末(SCV31=SCH-J510)が通過したことがわかりました。

 通信端末の認証機関を定点観測している国内ブログ「blog of mobile」によると、この端末はLTEネットワークは、FDD-LTE(B1/B18/B26/B28)およびWiMAX2+(B41)に対応しているようです。CDMA2000には非対応のため、VoLTE対応が確実です。

 NTT docomo向けには、Galaxy S6 SC-06GとGalaxy S6 edge SC-05Gの2種類が投入されますが、au向けにはどちらのモデルが投入されるのでしょうか。現時点では判別できません。

 ただし、Samsungのグローバルでの発表を見ても、NTT docomo向けのS6 edge(SC-05G)のキャリア型番は、S6(SC-06G)よりも若い番号が振られている=推したいフラッグシップはS6 edgeであることを考えても、ここでauから投入される機種が非エッジのGalaxy S6のみというのは残念としか言いようがないため、やはりSCV31がS6 edgeであることに期待したいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus