富士通、パナソニックもAndroid搭載ガラケー。NECは完全撤退か

docomo-garake-panasonic-sharp-fujitsu

 日本経済新聞が報じたところによると、日本の携帯端末メーカー各社はフィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」の生産を、2017年以降中止すると報じました。一時代を築いたガラケーに一区切りつくことになりそうです。

 OSなどの基幹技術を端末メーカーと通信各社が共同開発してきた経緯がありますが、これを終了。しかしダイヤルキーなど従来の操作を求めるユーザーが根強いため、スマートフォンの技術を応用し、Android OSを採用した、ガラケー風の端末が今後リリースされるそうです。

 NECは、2017年3月に携帯電話事業から撤退。富士通、シャープ、パナソニックはAndroid搭載のガラケーをリリースするそうです。

 なお、これらのNTT docomo向けの端末ではiモード関連サービスが利用できるそうとのこと。夏モデルで富士通やSHARPがAndroidガラケーをリリースする見通しであり、期待したいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus