iPhone 6s PlusにはForce Touchが搭載される?

iphone6_06

 台湾メディア「聯合財経網」が報じたところによると、Apple社のスマートウォッチ「Apple Watch」と次期ファブレット端末「iPhone 6s Plus」のタッチパネルに搭載される感圧式タッチ機能「Foruce Touch」について、Appleの長年のサプライヤーであるTPK社が唯一の供給者になるそうです。「iPhone 6s Plus」は今年後半にも投入される見通し。

 「Force Touch」は、Apple Watchや新しいMacBookに搭載された新機能で、押す力を感知し、単純なタッチか長押しかを判別。新しいMacBookの場合は押し込む感覚をユーザーに擬似的にフィードバックします。

 「iPhone 6s」「iPhone 6c」については、「Force Touch」には対応しないようです。現行モデルのiPhone 6 Plusは、カメラの光学式手ブレ補正センサーをiPhone 6との差別化要因としており、次期モデルでは、「Force Touch」がPlus系統のシリーズがそうした差別化要因に相当するのかもしれません。

 なお、「Force Touch」のコストは「Apple Watch」が4〜5ドルであるのに対し、「iPhone 6s Plus」は13〜14ドルとなるとのこと。

 このほか、次期iPhoneに予想される仕様としては、Samsung製A9プロセッサや、実行用2GBメモリなどがあります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus