有名アナリスト、4インチ版iPhoneの投入を否定。次期iPhoneへのForce Touch搭載説は支持

iphone-6c

 これまでにApple製品に関する数多くの予測を的中させている、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏のレポートは、4インチのiPhoneが登場するとの観測について、否定しました。次期iPhoneには4インチのiPhone 6cが登場するとの噂がありました。

 一方で、次期iPhoneは引き続き4.7インチと5.5インチのモデルとなり、タッチパネルには「Force Touch」機能を採用するとのこと。同機能はApple Watchや新しいMacBookにも搭載され、押し込み具合によってタッチと長押しを検知するもの。ただし次期iPhoneに搭載される同機能は、Apple Watchや新しいMacBookよりも改良されたものとなるようです。

 同氏のレポートでは、iPhone 6sではなくiPhone 7という名称が用いられています。これは「Force Touch」導入という大きな変更があることから、改善版にとどまらないとの見方を反映したものです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus