どれを買うべき?豊作のau夏モデルまとめ。

2015-summer-au

 auの2015年夏モデルが発表されましたので、総評と「買いの機種」を書いておきます。

なかなか良いラインナップ

 これまでがダメだったという反動もあるかもしれません。たとえば慣例として、auの夏モデルのXperiaはXperiaZL2やULといった微妙なモデルばかりで、isaiシリーズの出来は最悪でした。さらに春モデルのAndroidガラケーAQUOS K SHF31も、料金プランがダメすぎる、通話しやすい形態なのに通話品質の悪いCDMA2000であるなど、auには心底ガッカリでした。

sov31_au-xperia-z4

 しかし2015年夏モデルでは、しっかりとドコモやソフトバンクと同等のXperia Z4をそのまま出し、isai vividもベースモデルLG G4からの機能低下は少なめ。そしてAQUOS K SHF32はCDMA2000切り捨て・VoLTE対応・料金プラン拡充で、購入しやすくなりました。(ただ、本音を言えばもっとG4に近い機種が良かったですし、わずか3ヶ月前に登場したSHF31を買ってしまった人はちょっと可哀想だなとは思います。これならSHF31を出すのを見送り、SHF32が初号機でもよかったのでは)

 GzOneから続くauのタフネスモデルを継承するTORQUE(トルク)も、Android 5.1 Lollipopを搭載して復活。大人向けモデルURBANO V02も引き続き安定供給され、なかなかバランスのいいラインナップだと思います。

一番買って安心なスマホは?

scv31-au-galaxy

 ずばりXperiaとGalaxyです。グローバルモデルのフラッグシップは、長期間アップデートもされます。アクセサリーも多いです。迷ったらこれです。

 ただし、今夏のスマートフォンはQualcommのSnapdragon 810オクタコアプロセッサが主流ですが、このプロセッサには発熱問題への疑惑が根強くあるのです。Qualcommは否定していますが……。

lgv32_isai-vivid-au

 なので、意外な大穴がisai vividです。こちらはLG G4同様、ヘキサコアプロセッサ Snapdragon 808を搭載しています。

 isaiシリーズは、ベースモデルの機能を著しく削ったモデルばかりでしたが、今回はいつもほど酷くありません。シリーズ特有の光沢の安っぽさも今回はありません。

 なので、買うべきはXperia Z4、次点でGalaxy S6 edge。Exynosプロセッサを搭載するGalaxy S6 edgeもわりと熱を持ちます。どうしても発熱が気になる人の第一候補はisai vividといったところ。

自撮りするならHTC

htv31-htc-j-butterfly-3

 アジア・海外で流行している自撮り(Selfie)ですが、HTC J Butterfly HTV31は、前面に1300万画素カメラを搭載。これは国内でも最大級です。自撮りをする若い女性は、機種に迷ったらHTV31でいいのではないでしょうか。

 とはいえ、Xperia Z4やGalaxy S6 edgeもいいインカメラを搭載しているので、そちらもチェックしてから選ぶといいですね。

固定ファン付きの京セラ機

img_02

 タフネスモデルTORQUE G02と中高年を中心とした大人向けのURBANO V02は、しっかりとターゲットの見定まった機種ですので、欲しい人は指名買いでしょう。SoCは他の機種よりも下位のものを搭載しているので、その点には注意。固定ファンには釈迦に説法でしょうが。

その他スマホ

shv32_au

 他社で出ている5.5インチのAQUOSが気に入ったが、サイズが大きいかな……という人は、5インチのAQUOS SERIEを選ぶといいのかもしれません。幅70mmに、AQUOS ZETA SH-03G並のスペックを収めたと考えると悪くないようにも見えます。でも5.2インチのXperia Z4は幅72mmなので、うーん……。積極的におすすめはしません。

ガラホはどう?

 Android搭載のガラケーがNTT docomoからも出てきました(AQUOSケータイ SH-06G / ARROWSケータ F-05G)が、はっきり言って低機能です。無いものだらけ。SoCはSnapdragon 200。ARROWSケータイに至ってはGPSすらありません。

au-garaho-aquos-k-shf-32

 これに対し、auのAQUOS K SHF32はWi-Fi、テザリング、おサイフケータイ、LTE、VoLTEに対応。Snapdragon 400 1.2GHz クアッドコア、実行用メモリ1GB、ストレージ8GB、1300万画素カメラと、こちらの方が完全にハイスペック。料金プランも改善されたので、買うならこちらです。

 強いて言うなら、多機能・高性能の割には、電池容量が1410mAhというのが、AQUOS K SHF32の懸念点でしょうか。ここは使い込んでみないとわからない点です。

タブレット

 Qua tabはあまり魅力を感じませんでした。多分かなり低価格で投入されるはずなので、それを待ってみてもいいのかも。

 どうせ世界最薄の軽量タブレットXperia Z4 Tabletを使うなら、Wi-Fi版よりモバイルネットワーク内蔵の方が楽しめます。LTE-Advancedのキャリアアグリゲーション、WiMAX2+のキャリアアグリゲーションで、快適に利用できるau版のSOT31はいい選択肢だと思います。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus