速報:Google I/O 2015が開催中!アプリ権限拒否やAndroid Payなど(更新中)

google io

 Googleの開発者会議Google I/O 2015が開催されました。

 本発表直前の映像は宇宙から。

 GMailはメール検索が遅いというところから始まりました。他のGoogle Mapも同じ。

 AndroidはGalaxy S6、G4からAndroid Oneのようなローエンドまで幅広く搭載。世界500キャリアから4000機種。

 腕時計、自動車、テレビにまで拡大。SonyのAndroid TVは米国で発売。

 M Developer Previewが発表。バグを解決、安定性重視のOSに。

 MではApp Permissionを実装。アプリが要求する権限を拒否可能に。位置情報、カメラ、マイク、連絡先。権限要求時にいちいち確認ダイアログが出るというiOS風の使い勝手に。

 Chrome Custom Tabs。ブラウザのカスタマイズが可能に。Chrome上のWebアプリがネイティブアプリのように。Webとアプリの垣根が無くなっていきます。

 Android Pay。NFC決済時はアプリ起動不要。クレジットカード番号を店舗に教える必要がなくスムーズ。

 指紋認証対応。ロック解除、決済に利用可能。

  電源管理が改善。motion detectionで省電力向上。待機時間の電池持続時間が2倍に。USB Type-Cサポートで充電速度も高速化。

 音量調節が個別でできるように。

 Android Wear.新機能、常に時刻やアプリを表示させるalways on。腕を振って通知をめくる。今後のアップデートで手書き絵文字をサポート。

 IoT用OS「Brillo」。最小限の構成。IoT用コミュニケーションレイヤーは「WEAVE」。家電にもGoogleのソフトウェアが入り込む時代に。

 機械学習の認識精度、ミス率23%から8%に低減。

 Google Nowは文脈を理解。起動中アプリから情報をGoogle Nowに渡すnow on tap。たとえば音楽再生中に「彼の本名は何?」と聞くと、アーティストの実名を検索してくれる。

 Google Photo。総合的な写真表示アプリ。検索機能で場所や人物を絞り込み。UIはiOS風。顔認識し、赤ちゃん時代から時系列順に写真を並べてくれる。クラウドと連携し過去の写真まで並べてくれる。勝手に思い出のアルバム・ムービーを作ってくれる。画像の複数選択可能に、と言及した次点で一番の歓声が。(笑)そして使用に容量無制限で、価格は無料、というところで最大級の歓声と拍手が。対応する写真は1600万画素、対応する動画はFull HD。サービス提供は本日より。プラットフォームはAndroid, iOS, Webより。

 Android One、東南アジアでリリース。7カ国10社のOEM。

 Youtubeのオフライン再生に対応。インド、インドネシア、フィリピンで提供。

 Google Mapもオフライン対応。途上国の貧弱なネット回線でも。

 Android SDKがC++対応。

 アプリへのプッシュ通知を行うGoogle Cloud Messaging(GCM)がiOSにも対応。

 Cloud test lab、仮想化された主要Androidスマホでアプリテスト稼働可能。

 Google Cardboard appがiOS向けに登場。

 GoPro + JUMP。カメラを並べて360度撮影対応。視差補正で自然な写真構成。3D対応。これをYouTubeは今夏サポート。全方位動画が視聴可能に。

 ネット回線を引けない地域に、気球でインターネットを提供するProject loonがLTE対応。

(更新中)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus