iPhone 6sは高解像度・薄型化?

 海外のGoogle+ユーザーDrip Leaksは、iPhone 6sに関するリークを伝えました。

21-2

  それによればiPhone 6sのディスプレイサイズはそのまま、解像度はFull HD、画面密度は441ppi、A9プロセッサ、コプロセッサM9を搭載、背面1200万画素カメラ、前面500万画素カメラを搭載するようです。

 筐体寸法は、現行のiPhone 6の6.9mmよりも0.2mm薄い6.7mmになるそうです。

 ただしDrip Leaksにはまだめぼしいリーク実績はありませんので、噂程度に捉えておくのがよさそうです。iPhoneの大規模なモデルチェンジは2年間サイクルで、末尾にsが付くモデルは寸法が変わらないのが慣例です。

 ただし予想的中率の高いKGI証券のアナリストMing Chi Kuo氏は、iPhone 6sの刷新は大きなものとなり、名称もiPhone 7となると予測していますので、今回は未知数な部分がありますね。楽しみにしておきたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus