次期iPhoneでは16GBモデルが廃止?

iphone6

 調査会社のTrend Froceは、Appleの次期iPhoneは、ストレージ容量が32GB / 64GB / 128GBの3種類になるとレポートしました。

 これまで安価なエントリーモデルの位置付けとしてか、16GBモデルが存在していましたが、レポートが正しければ、これを廃止、32GBモデルが置き換える形となります。

 最小容量のモデルを選ぶユーザーも少なくないのが実情ですが、近年、アップデートのデータが肥大化しているのもあり、容量不足でOSアップデートができないなんてことも。毎回、最新OSへのアップデート率を自慢するのもApple発表会の恒例ですし、あまり容量の小さいモデルを販売し続けることはAppleにとっては問題があるでしょう。そういう事情からの16GBモデル廃止ではないかと推測します。

 ディスプレイサイズは4.7インチと5.5インチで継続。ただし実行用メモリは1GBから2GBに増加。さらに押し込み具合を検知し、指に適切なフィードバックを振動で送る「感圧タッチ(Force Touch)」の搭載も報告されています。

 量産開始は2015年6月になるとのこと。従来は9月頃に行われていた新製品発表ですが、前倒しになるとの情報もあります。続報に期待したいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus