iOS 9の省電力モードはパフォーマンス4割減

 MacRumorsが伝えたところによると、iOS 9の開発者版で、AppleがLow Power(省電力)モードと呼ぶ機能を実行中において、iPhoneの大幅なパフォーマンス低下が確認されたとのこと。

 このモードは、バックグラウンドプロセスをカットすることで、電池駆動時間を伸ばすものです。

 パフォーマンスの低下は、Geekbench 3の計測により確認できます。

lowpowermodeperformancereduction-800x707

 

 シングルコアでもマルチコアでもスコアが40%ほど低下しています。ゲームなどの負荷がかかる作業中には解除しておくのがいいでしょうね。

 普段あまり使わない待受中では、このモードを有効にしておき、負荷のかかる動作を行う時は解除することで、パフォーマンスと電池持続時間を両立することができそうですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus