iPhone 6sは厚み微増、新色ローズゴールドあり?

iphone-6s-rose-gold

 Apple Insiderによると、高い予測的中率を誇るKGI証券アナリストのMing Chi Kuo氏のレポートによれば、Appleの次期スマートフォン「iPhone 6s」は、Force Touch(感圧タッチ)Displayを搭載します。

 しかしその代償として、筐体の厚みも0.2mmほど厚くなるとのこと。また、筐体の高さも0.15mmほど増えるようです。

 いずれも誤差の範囲内ではありますが、もしこれが事実だとすると、厳密な寸法を要求するアルミバンパーなどは、iPhone 6用のものが装着できないかもしれませんね。

 また、筐体の素材には、60%強度を増した7000系高強度アルミ合金を採用するとのこと。

 カラーリングにも変更があるようです。スペースグレイの色がより黒色に近いものに微調整される可能性があるそうです。さらに新色としてローズゴールド(Rose Gold)が新たに追加されるそうです。Apple Watch Editionの18Kローズゴールドに合わせたカラーリングのため、価格も高級になる可能性はありますね。

 4.7インチ・5.5インチの2モデルラインナップは継続、発売は9月頃となるようです。期待しておきたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus