最新「watchOS 2」正式発表。タイムトラベルやアップルウォッチ単独動作など

apple-watch

 AppleはWWDC2015にて、Apple Watch向けの最新ソフトウェアとなる「watchOS 2」を正式発表しました。開発者にベータ版が本日より公開、正式リリースは今秋予定となっています。

 ウォッチフェイスをアルバムや世界都市別タイムラプス画像で置き換え可能。

apple-watch-face

 Complications。情報を複合表示。

2015-06-09 03.29.53

 Timetravel。どの時間に何をやっていたかわかります。デジタルクラウンを回すことで時刻を遷移。過去のその時間のニュースを見ることができたり、未来のその時間の電池残量やスケジュールもわかります。デジタルクラウンクリックで現在時刻に戻る。

2015-06-09 03.31.47

 横向き表示に対応。充電中でも見やすく。

2015-06-09 03.33.15

 表示するFriendsをカスタマイズ可能。

2015-06-09 03.33.31

 通常の着信以外にもFacetime Audioもサポート。

2015-06-09 03.34.14

 サードパーティ製アプリでDigital CrownやTapic Engine、加速度センサー、心拍計、スピーカー、マイクにアクセス可能。開発者は幅広いアプリを開発可能。

 Siriがより賢く。運動開始時刻を伝えれば指定時刻から測定が開始。路線案内も。Siriを通じてHomeKitに指示し、スマート家電に夕食を作らせるなど。車を遠隔操作。鍵を開閉、車内温度調節だって。

2015-06-09 03.39.43

 Apple Watch単体で表示アプリを選択。Wi-Fiで単独動作。これまでのApple Watchは親機であるiPhoneに依存してきたものの、単体でも機能するように。(iPhoneを持ち歩かない日もあるのでこれは大変嬉しい)

2015-06-09 03.37.52

 Apple Watchからメールの返事に音声送付やスタンプ送信など。スケッチもよりカラフルに。

2015-06-09 03.33.50

 個人的にはやはりApple Watch単独でも動作するようになるのが一番嬉しいですね。あと開発者の作れるアプリの幅も広がったので、Apple Watchを買ったことを後悔しなくて済みそうです。楽しみだなあ。

アップルがWWDC2015で発表したものまとめ。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus