任天堂、次世代ゲーム機へのAndroid採用を否定

nintendo-logo

 先日、日本経済新聞は、任天堂が開発する次世代ゲーム機「NX」のOSにAndroidが採用されると報じました。この報道は海外でも広く話題となりました。

 これに対し、米ウォール・ストリート・ジャーナルは、任天堂の広報担当がこの噂を否定したと報じました。

 任天堂はソフトウェアに関しては独自のものに固執しており、広報担当の弁が正しければ、次期「NX」もAndroidのような汎用プラットフォームは利用しないことになりそうです。

 今回の日経報道の怪しさについて、海外テック系ブログメディアThe Vergeは、日本経済新聞の該当記事は一般的なニュース記事のような形式を取っていたものの、単一の匿名のソースに依拠する「コラム」であったと伝えました。

 該当記事は、ドラクエ11がPS4で出るかのような誤った内容も含まれており、スクエニHDの株価が高値を記録しています。日経のゲーム記事の弱さを露呈する形となったと言えるかもしれません。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus