有名証券アナリスト、今年後半のApple製品を予測。

apple

 Apple製品の仕様とラインナップの予測に高い的中率を誇る証券アナリストMing-Chi Kuo氏が、KGI証券より新たなレポートを発表しました。

 今回のレポートは、2015年後半のApple製品のリリーススケジュールに関する予測が記されています。

 Apple Watchについては、供給不足もあって2015年第2四半期の出荷数は390万台と予想し、供給不足が改善される第3四半期には550万台に達するのではないかと予測しています。

 Apple Watch Editionのローズゴールドの色に合わせて、iPhone 6sやApple Watch Sportにローズゴールドが追加されるとのこと。イエローゴールドのようなカラーである可能性もあるそうです。

 iPhoneの出荷台数は第2四半期には5420万台となっているのが、新機種のスロースタートにより第3四半期は4010万台に落ちると予測。

 iPad ProやAirシリーズへの言及はありませんが、iPad mini 4は第3四半期に登場するとしています。

 Macについては第3四半期末から第4四半期に新型が出るそうです。

 今年も残すところあと5ヶ月。どのような新製品が出てくるのか楽しみにしておきたいところです。

 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus