iPhone 6sに16GBモデルはナシ?

iphone-6s-rose-gold

 MICgadgetは、Foxconn(鴻海精密工業)の内部関係筋を情報源として、Appleの次期iPhone 6sには、16GBモデルが存在しないと伝えました。

 Foxconnは、世界最大手のEMSを請け負う老舗であり、AppleのiPhoneシリーズの生産も請け負ってきている企業です。

 iPhone 6では16GB / 64GB /128GBの3種のラインナップであったのに対し、今回の内部情報によれば、iPhone 6sは32GB / 64GB / 128GBという展開になるとのこと。

 以前流出した試作機のストレージ容量は16GBでしたが、試作機と製品版のストレージ容量が異なっていた例は以前にもあるため、必ずしも矛盾はしません。

 スマートフォンでできることは飛躍的に増えており、ストレージ容量は不足しがち。特に、iOS端末はmicroSDカードによる容量拡張ができません。容量不足によりOSアップデートができない場合もあります。小さい容量のモデルを用意することは、下限価格を引き下げる効果もありますが、後々ユーザーの満足度を低下させてしまう結果も考えられます。ユーザー体験やセキュリティ向上といったメリットを優先するためには、16GBモデルが消滅するというAppleの判断も、やむなしではと思います。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus