iPhone 6sのリアシェルがリーク。

9to5mac_6s27

 9to5Macは、Appleのサプライチェーンに精通している実績のある情報源からのリークを元に、iPhone 6sのものとされる筐体シェルを公開しました。

 筐体は金属で、厚みなどの外形寸法などは変わっていないとのこと。デュアルカメラは非搭載。このリークが事実であれば、サードパーティーはiPhone 6用のものから手を加えずにアクセサリーを使い回せる可能性が高いものとみられます。

9to5mac_6s8

 一方で、内部の基板・部品の接合部の位置が変わっていることが伺えます。

 Dラインと呼ばれるアンテナ線は相変わらずなのがやや残念。

9to5mac_6s26

 iPhone 6s / iPhone 6s Plusは、今秋発表、Force Touch(感圧タッチ)に対応するのが主な変更点と見られます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus