アマゾン、端末事業を縮小、一方で裸眼3Dタブレットなどは開発継続か

FirePhone_Hand_Firefly-Icon_verge_super_wide

 米Wall Street Journalが報じたところによると、AmazonがFire PhoneやKindle Fireといった端末ハードウェア事業を縮小する可能性があるようです。

 今後のハードウェアの計画を棚上げ、さらにシリコンバレーにあるハードウェア開発センターLab126から多数のエンジニアを解雇したとのこと。同センターはスマートフォン、タブレット、キンドル、セットトップボックスなどを開発していました。

 この解雇により、買い物リストへの手書きメモをデジタル化するスタイラスなどのプロジェクトに影響があるそうです。また、タブレット事業のスケジュールも遅延しそうだとのこと。

 一方で、タブレットに関しては諦めておらず、依然として3D表示の開発を進めているとのこと。Fire Phoneも3D表示のUIを採用していましたが、実際に飛び出して見えるわけではなく、あくまでも通常ディスプレイ内で3Dオブジェクトが傾くだけの擬似的なもの。

 タブレット用のものは、これとは全く異なる技術を使用した、本物の裸眼3Dであるそうです。

 Fire Phoneの失敗により、苦しい状況となったAmazonのハードウェア事業。今後の展開に注目です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus