iPhone 6sは1200万画素カメラ、前面フラッシュを搭載、ローズゴールドもあり―9to5Mac

Rose-Gold-iPhone-6s

 Apple製品の最新情報に精通した海外ブログ9to5Macは、信頼する情報筋からの情報をもとに、Apple社の次期フラッグシップスマートフォンiPhone 6sに関する仕様を伝えました。

 それによると、現行機の800万画素カメラよりも高画素な1200万画素カメラを搭載。A9プロセッサには画像信号処理のアップグレードが行われ、4K動画撮影にも対応。さらにFaceTimeカメラもセンサーが強化、前面LEDフラッシュが備えられるなど、セルフィーが強化されるようです。

 また、9to5Macの他の情報筋によれば、新たなカラーバリエーションとしてローズゴールドが追加されるとのこと。このカラバリのフロントパネルは白色だそうです。

 iPhone 6sの発表は9月9日に行われます。楽しみに待ちたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus