iPhone 6s / 6s PlusのCADリーク。欠点改善?

iphone_6s_plus_leak_steve_12_520x300x24_fill_h4dc1a33c

 アクセサリーメーカーuSwitchは、iPhone 6s / iPhone 6s Plusのケース製造のために必要なCADデータのレンダリング画像を公開しました。

 それによると、両方とも横幅が約0.9mm、厚みは約0.2mm増すようです。厚さはiPhone 6の6.9mmから6sでは7.1mmに。6 Plusの7.1mmから6s Plusでは7.3mmに。

 Bendgate問題で、その折れ曲がりやすさが取り沙汰されたiPhone 6 / 6 Plusですが、筐体の強度向上が図られるとの噂もあり、その一環で筐体サイズが微増するということなのかもしれません。

 また、iPhone 6s PlusはCADレンダリング上でカメラが出っ張っているのに対し、iPhone 6sでは出っ張りが消えているようです。

iphone_6s_steve_leak_10_632x304x32_expand

 厚みが変わるということで、iPhone 6 / 6 Plusで使えていたバンパー等が使えなくなる可能性もありますが、カメラの出っ張りや強度といった欠陥が改善されるのであれば期待したいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus