エイスースジャパン、日本市場に自撮り特化端末「Zenfone Selfie」をリリース

th_DSC02050

 ASUS JAPANは9月7日、国内では初めてZenFone Selfieを発表しました。

 日本未発表のZenfoneは自撮り特化の「ZenFone Selfie」のことで、アウトカメラとインカメラの両方に1,300万画素カメラとデュアルカラーLEDフラッシュが搭載されていることが特徴。

 私も発表会に参加してきましたので、スタッフの皆さんの「Zenfone Selfie」への熱い思いが込められた発表会の内容は追って掲載致します。

 ZenFone Selfie の 主なスペックはこちら。

OS Android 5.0.2 Lollipop
CPU  Qualcomm® Snapdragon™ 615(オクタコアCPU) 1.5Ghz + 1.0Ghz
メモリ  2GB LPDDR3
ストレージ  16GB
 ディスプレイ 5.5インチ FHD(1920×1080)
カメラ  アウトカメラ: 1300万画素 F値2.0 75°ワイドアングル,
インカメラ: 1300万画素  F値2.2 88°ワイドアングル,
デュアルカラーLEDフラッシュ, レーザーオートフォーカス(アウトカメラのみ)
 バッテリー 3,000 mAh 
寸法 高さ156.5 x 幅77.2 x 奥行き3.9~10.8 mm
重量 170g
その他  microSDスロット, デュアルSIMスロット, IEEE802.11a/b/g/n/ac

th_DSC02081

 カラーバリエーションはホワイト・ピンク・アクアブルーの3色。とはいえ、まだこの辺りは調整中なようで、もしかするとレッドなど別の色に変更・追加はあるかもしれません。ASUSのスタッフの方からも「(男性として)アクアブルーはどうですか?」などの逆質問も受けました。

th_DSC01925

 カメラにはやはりこだわっているようで、発表会のスライドの大半がカメラに関係することでした。HDRやマニュアル撮影、超解像度や単焦点など17のカメラモードを搭載しており、レーザーオートフォーカス機能によりフォーカスが速いなど多数魅力的な機能が搭載されています。

th_DSC02054

 デュアルSIMスロットは両方LTEが利用可能ですが、同時に利用することは不可のようです。また、SIMカードが1枚の場合はSIM1に挿すことが推奨されていました。しかし例外として、SIM2が2G(GSM)の場合はデュアルスタンバイが可能とのこと。2Gは日本では既に停波済みですが、海外ではまだ使われている国もあるので海外出張・旅行の多い方には便利なのではないでしょうか。

 発売日・価格ともに未定とのことですが、本イベント参加者向けにプレゼントされる「Zenfone Selfie」の発送はシルバーウィーク頃になるようです。なのでおそらく9月中旬から下旬にかけて発売されるのではと予想しています。

 到着したらすまほん!!や私の個人ブログで詳細なレビューを掲載していきます(もっとも、読者の皆さまは野郎の自撮りなんて見たくもないと思いますので、せっかくの自撮り特化という最大の魅力を上手くお伝えできるか不安ではあります)。

(編集・校閲: 高橋ノゾム)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus