18.4インチ?サムスン、巨大タブレットの登場を予告

1.0

 SamsungはIFA2015にて、巨大タブレットと思しき機体をチラ見せしました。

 Samsungはこれまでの噂として、18.4インチのタッチスクリーンを備えた巨大なタブレットを開発中であると報告されてきました。

 チラ見せされたのは、ウェアラブル端末Gear S2発表イベントの終わり頃。非常に短いティザーを流しました。

 ベゼルに占めるSamsungロゴの相対的小ささからも、少なくとも10インチ以上の大きなタブレットであることは伺えます。

gsmarena_001

 よく見るとデジタイザスタイラスらしきものも写り込んでいますね。

 外観以外、公開された情報はありません。Gear S2も同様に、外観のチラ見せ後、正式発表が行われており、そう遠くないうちに詳細が明かされることでしょう。

 噂によれば、本機の正式名称はGalaxy Viewとなり、Full HD以上の解像度の18.4インチタチスクリーン、1.6 GHzオクタコアプロセッサ、実行用2GBメモリ、microSDカードスロット、64ビットExynos 7580、800万画素リアカメラ、210万画素前面カメラ、5700mAhバッテリーを搭載。OSにはAndroid 5.1.1 Lollipopを実行すると予測されています。Appleの大型タブレットiPad Proが高スペックで登場するとの見通しであるのに対し、こちらはスペックは控えめですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus