iPhone 6sには耐水性あり 次期iPhoneの防水対応に期待

waterproof-iphone-6s-iphone-6s-plus

 YouTubeのユーザーZach Straley氏は、水に浸したボウルにiPhone 6s / iPhone 6s Plusを漬けておき、耐えられるかどうかの実験を行い、その様子を収めた動画を公開しました。

 それによると、1時間後に機体を取り出したところ、Touch IDやLightning、スピーカーなどの各種端子は問題なく動作しました。

 再度48時間着けても無事動作したようです。

 iPhone 6sは防水規格を取得していませんが、このことから、一定水準以上の耐水性が備わっていることが明らかとなりました。

 Apple Watchは15分程度のシャワーに耐えられる防水性能を保持しているほか、Appleはシリコンによる内部部品保護によって端末を防水化する特許を取得しており、Appleが防水技術に関心を抱いていることは明らかです。

 また、中国Weiboから得た情報をもとにMacお宝鑑定団が伝えたところでは、Appleは金属筐体ではない防水防塵対応のiPhone試作機をすでに開発中とことで、iPhone 7は防水防塵の規格を正式に取得して登場する可能性もありそうです。期待しておきたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus