サムスンの折り畳みスマホの投入市場が判明か

Foldable-phone-concept-2

 折り畳み可能なフレキシブルOLEDを搭載したSamsung製のスマートフォンは、かなり前から噂されています。

 特許、試作機展示、リーク情報が浮かんでは消えていた折り畳みスマホですが、ついに2016年1月には登場すると、SamMobileが独自の情報源を元に独占情報として伝えています。

 この端末のコードネームはProject Valleyとなり、型番はSM-G929Fとなるとのこと。

 ファブレット端末Galaxy S6 edge+の型番はSM-G928であり、よく似た型番です。このことから、Project Valley SM-G929Fは、S6 edge+と同等のスペックを持っている可能性があります。

 SamMobileの伝える本機の投入市場は、イギリス、アイルランド、ドイツ、イタリア、韓国、北欧諸国、フランス、ポーランドです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus