Android搭載ブラックベリーの新機種レンダ画像が早くも流出。

 BlackBerryの最新情報に精通した海外ブログCrackBerryは、未発表の次期BlackBerry端末の存在をリークしました。

blackberry-vienna-android

 オーソドックスなBlackBerryと同様、画面と、その下に配置された物理QWERTYキーボードという構成になっています。画面が縦長であることから、筐体も全体的にやや縦長となっていることが見て取れます。

 この端末の開発コードネームは”Vienna”であるとのこと。”BlackBerry Slider“として噂されていた縦スライトQWERTY端末は、開発コードネームは”Venice“、正式名称が”BlackBerry Priv“でした。

 BlackBerry Privは、OSにAndroid 5.1 Lollipopを搭載していますが、ViennaもAndroid OSを搭載しているとのこと。

 画面とキーボードの間に、よく見るとAndroidのナビゲーションキーが存在することを確認できます。そしてオンスクリーンキーではなく、物理キーであるようにも見えます。

 これらはあくまで開発段階に流出したレンダリング画像に過ぎず、実際の製品とはディテールが異なる可能性があることをCrackBerryは付け加えています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus