アップル、iPhone 7のイヤホン端子を廃止か?

spigen-tough-armor-earphone

 国内ブログ「Macお宝鑑定団Blog」は、信頼できる情報筋から寄せられた情報として、Appleが次期スマートフォン「iPhone 7」で、3.5mm径のヘッドフォン端子(イヤホンジャック)の廃止を計画していると伝えました。

 この穴を廃止することで、現行モデルのiPhone 6s / 6s Plusよりも1mm以上、薄型化したい考えのようです。

 この変更に伴い、Lightning端子からイヤホンに音声を出力することになります。付属品のイヤホン(Ear Pods)のLightningコネクタにDAが搭載されるものの、その形状は通常のLightningコネクタとさほど変わらないとのこと。

 各音響メーカーは、オーディオケーブルをLightning対応にするか、登場が予想される「3.5mm径イヤホン・Lightning変換アダプタ」を同梱するなどの対応が求められます。iPhone 7を購入するユーザーも、イヤホン・ヘッドフォンを買い換えるか、アダプターを買い足すか、Bluetooth対応の機器を買うか、といった選択を迫られそうなところです。

 しかし、仮に1mm薄くなったら、iPhone 7は6.1mm、iPhone 7 Plusは6.3mmになりますね。iPhone 6 Plusの時、薄型化による強度問題が取り沙汰されていましたが、そこまでの薄型化に挑戦すると、再び曲がりやすさを試したがる人たちが世界中であらわれるでしょうね。はたして彼らの好奇心に打ち勝つほどの強度を確保できるのでしょうか。気になりますね。

 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus