Galaxy S7はmicroSDスロット復活、「4辺エッジディスプレイ」採用も?

cc-galaxy-s6-edge-spigen-accessory

 HDblog.itによると、Samsungは次期フラッグシップモデルGalaxy S7 / S7 edgeについて、同一ハードウェアとなるものの、デザインは異なると伝えました。

 Galaxy S6 edgeのような、左右両端のダブルエッジディスプレイに加えて、上下も曲面となるそうです。フレキシブルディスプレイ技術によりそのような進歩を遂げている可能性があるとのこと。

 なお、Galaxy S7は5.2インチディスプレイ、Galaxy S7 edgeは5.8インチディスプレイとなるそうです。

 SamsungはGalaxy S6 edgeの大型版となるGalaxy S6 edge+を後から投入していますが、edge採用モデルを一つに集約するつもりなのかもしれませんね。

 また、情報源はmicroSDカードによる容量拡張に対応すると伝えています。Galaxy S6世代では廃止されていたので、朗報にも思えます。

 Android 4.4 KitKatではぞんざいに扱われていたmicroSDですが、Android 6.0 Marshmallowでは、内部ストレージのように振る舞わせることができるなど、その重要性が増しており、再びGalaxy S5以前のようにサポートすることを決めたのでしょう。楽しみにしておきたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus