有名KGI証券アナリスト報告:アップルは2016年前半に4インチiPhoneを投入、iPhone 7 Plusは実行用3GBメモリ搭載?

iphone-5s-6-6plus

 多くの独自情報をもとにApple製品の予測を多数的中させてきた、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleが来年に向けて、4インチディスプレイを搭載したiPhoneの最新モデルを開発中であると伝えました。

 同氏曰く、4インチのiPhoneは、iPhone 5sのアップグレード版に似ていると伝えました。プロセッサは最新のA9プロセッサを搭載。筐体はiPhone 5cのようなポップなカラーのプラスチックボディではなく、金属製のシェルとなるそうです。

 さらに同氏は、AppleがiPhone 6s / 6s Plusと差別化するために、3Dタッチを搭載しない可能性が高いと予測しています。市場投入時期は2016年前半となり、年末までに2000万~3000万台の出荷が見込まれます。

 また、次期iPhoneのフラッグシップのラインナップについては、iPhone 7(4.7インチ)とiPhone 7 Plus(5.5インチ)が第3四半期に発表され、両者ともにTSMC製のA10チップを搭載するものの、実行用メモリはiPhone 7は2GB、iPhone 7 Plusは3GBと異なるものになると予想しています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus